最強の勉強法

こんばんわ。
あるドラマのワンシーンです。

そうです。
一昔前に話題になった「チャングムの誓い」です。

ファイル整理やコピーなどの作業的な業務をしながら、久しぶりに流していたのですが、
見るたびに気になるところが変わって、
いろいろ歴史などを調べながら見ている思い出深い作品です。

たとえば、針治療するシーンがあるのですが、
以前、見ていたときには、「針治療してるんだな」って程度の認識で見ていたのですが、
ここ2・3年、知り合いに針治療を受けていることもあって、
「この時代の針って?」て疑問も持ち、調べたり、聞いたりしてみたりするわけです。

 

今回のこのシーンは、主人であるチャングムが諸事情があり洗濯しているシーンなのですが、
ここに最強の勉強法がありました!!

「進化する最強の勉強法」を追及していることもあり、
「こんなところに最強の勉強法が!」
と感動したわけです。

なにが最強の勉強法かって、
答えはいわゆる『白紙勉強法』。

主人公チャングムは医女になるために勉強中なのですが、
洗濯している間に、
暗記する事項をそらで思い出しているわけです。

今まで、「勉強法」にこだわりながらも、
こんな重要なシーンに注意がいかなかったのは失態です(泣)

 

でも、外国の映画を見るとその国も文化・風習の一端を感じることができ、
とても勉強になること多いです。

本当は、子どもたちにも見せたい内容なのですが。
「チャングムの誓い」はすごく長い。
そこが一番残念なところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です