地頭を鍛える育脳コース

自分で絵を描くから自分の力になる

先生に絵図で説明されて「わかった!」という子どもは少なくありません。
しかし、自分では解くこともできずに、すぐに記憶から消えてしまいます。
それは、自分で考えて描いたものではないからです。
問題文を全て自分で絵図にしていくことで、深く考える力がつくとともに記憶に深く刻まれます。
すると、次に似たような問題や、複雑な発展問題に出会ったときに手が動くようになるのです。
絵のたくさん描いてあるテキストや動画の授業はわかりやすいですが、
受動的なため力にはなりにくいのです。

考える力と学ぶ力を伸ばす育脳コース

圧倒的な先取コース  

未就学時には基本的にはおススメしておりません。